赤羽太陽堂の整体ブログ

ブログ

信念(新年)のご挨拶。

雑記
2021年01月6日

こんにちは。

赤羽太陽堂整体院の木村です。

 

遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。

 

今年は、1月6日より通常通り営業しています。

 

今年も、コロナウイルスの影響下での生活が続きますが、このブログを読まれた方は、どうか、お身体を大事にされて健康を損なうことなく元気にお過ごしください。

 

私は、どんな世の中の情勢になっても、整体をやることに変わりはありません。

整体職人として腕をふるって、身体が辛くて困っていて、しっかりと身体を改善していきたいと思われている方のお役に立つだけです。この信念にブレはありません。

 

今年も、今現在整体院に来られている方のお役に立つことは当然のこととして取り組んでいきます。

そして、私の整体院の存在が、本当に私の整体を必要とされている方の目にとまって、一人でも多くの方が楽になった来てよかったと思っていただけるようにお役に立っていくことが楽しみでもあります。

 

今年も、コロナウイルス対策をしながら、しっかりと営業していく所存です。

本年も、何卒、よろしくお願いいたします。

 

 

赤羽太陽堂整体院のHPは以下のリンクから。

https://www.taiyoudou-seitai.com/

塩の摂取。

雑記
2020年12月9日

こんにちは。

赤羽太陽堂整体院の木村です。

 

今回は、「塩の摂取」についてです。

 

昔から、塩分を摂りすぎると、血液中のナトリウム濃度が高くなって、血中のナトリウムの浸透圧を一定に保とうとするために血液量が増えることで、血管壁にかかる負担が大きくなって血圧が上がると言われてきました。

その結果、血圧が上がって、血管や心臓に負担がかかり、脳卒中や心筋梗塞、心不全、動脈瘤などの循環器系の疾患に繋がると言われてきました。

 

確かに塩分の摂取も、過ぎると良くないのかもしれません。

 

しかし、逆に塩分の不足も身体に悪い影響を及ぼします。塩の摂取も、身体の生命活動に必要不可欠です。

「塩分を摂りすぎると身体に良くない」は本当だとは思いますが、誤解される表現でもあると思います。

正確に言うと、精製塩を摂取したり、自然の塩でも摂りすぎるのは身体に良くないですが、自然の良質な塩は適量に摂取すればすごく身体に良いです、ということになります。

塩(精製していない自然由来の塩)は、口から体内に取り入れた分は、身体に必要な分だけ吸収され、余分な塩は体外へ排出されるようになっています。

 

人の身体には塩分が必要な理由は以下の通りです。

・細胞を正常に保つため。

私たちの身体の中の血液、消化液、リンパ液などの体液には、塩はイオンの状態で溶け込んでいます。そして、細胞の内と外との圧力(浸透圧)を調整して、細胞のバランスを一定に保つ働きをしています。

実は、この細胞の圧のバランスが、食物から栄養素をた吸収するためにとても大事だと言われています。細胞の圧のバランスが崩れると、栄養を体内に取り込みにくくなってきます。こういった理由で、塩を適切に摂取しないと、血液などの体液の循環不全、血圧低下、脱水症状、ショック症状や立ちくらみ、むくみなどの症状に繋がります。

塩分の摂取不足は、細胞の新陳代謝が悪くなるので、身体にとって良いことはありません。

 

・神経や筋肉の働きの調整。

私たちが、身体を動かす時、脳からの命令が電気信号となって神経細胞を伝わっていきます。この電気信号を伝える働きをするのが、塩の成分であるナトリウムイオンです。

塩が不足すると、この神経の電気信号の伝達がうまくいかなくなるので、体調不良を引き起こしてしまいます。

夏の暑い日に、運動をして大量に汗をかくと、足がつったりしますが、これは、汗をかいた時に身体のナトリウムが不足してしまった結果です。

 

とても大事な要素として、この2つがあります。

 

こういった理由で、塩分は人の生命活動に必要不可欠であることは理解できると思います。

 

 

塩を消費する食べ物として、果物、甘い物、お酒があります。これらを良く食べたり飲んだりする方は塩を摂ることを考えても良いかもしれません。

 

他にも、いろいろと思い当たって気になる方は、日ごろの塩の摂取を考えてみてもいいかもしれません。

 

やみくもに、減塩、減塩と神経をすり減らして、必要以上に塩を摂らないのは身体の健康にとって良くないのは間違いありません。

 

 

余談ですが、昔は、戦地に赴く兵士に塩を摂らせると勇敢に戦ったそうです。そして、戦いが終わると塩を摂らせないようにして塩抜きして、おとなしくさせたそうです。そういう話もあります。

 

とにかく、塩の適切な摂取は元気に生きていく為には必要だという話でした。

 

最後まで、目を通していただきありがとうございました。

 

 

赤羽太陽堂整体院のHPは以下のURLから。

https://www.taiyoudou-seitai.com/

 

赤羽太陽堂整体院のLINE公式アカウントのご登録はこちらから。ご予約・お問い合わせもできます。

https://lin.ee/w9zFitL

治療の併用。

雑記
2020年11月7日

こんにちは。

赤羽太陽堂整体院の木村です。

 

今回は、「治療の併用」についてです。

 

たまに、当院への問い合わせで、

今の痛みや痺れを改善していくのに、当院の整体と他の治療や療法を併用して、良くなることの為なら何でもやっていきたいという話を聞くことがあります。

患者さんの立場からすると、一刻も早く良くなるために頑張りたいという気持ちの表われなんだと思います。

その、患者さんの頑張っている気持ちは否定できるものではありません。

 

しかし、治療を組み合わせることで、弊害があることも事実です。

せっかく、良くなりたいという一心で取り組まれていても、相乗効果どころか、せっかくの治療効果を減じてプラマイゼロか、もしかすると、やればやる程にマイナスになることもあったりします。

 

その理由を、これから説明しますが、私の場合は、大丈夫な場合を除いては、基本的に治療の併用はお勧めしていません。

 

まず、整体の施術と、ブロック注射の併用は絶対にお勧めしません。

 

基本的にブロック注射は、痛みの原因を治すものではなく、痛みという症状を打ち消そうというものです。仮にブロック注射が効いて、痛みがなくなったように感じても、それは、本来痛みが出るぐらいに悪くなっている身体の状態は全く変わっていません。

身体が悪い状態が変わっていないのに、痛みだけとれると、痛みがなくなった分、身体を動かすことができます。それは、身体が悪い状態のまま、無理して身体を使っている状態と変わらないので、後になって、さらに強い痛みに悩まされる可能性が大きくなってきます。

 

そもそも、痛みに苦しんでいたとしても、緩和ケアではない限り、今まで時間をかけて悪くして痛みが出ている状態を、1回で痛みを消そうとか、これをやるとすぐに痛みが消えて治るという考え自体に無理があります。

整体とブロック注射を並行して受けて、痛みが改善したとしても、整体で痛みが改善したのか、ブロック注射で痛みが改善したのかが分からなくなってしまいます。これも、治療を並行して受けることの弊害です。

 

整体にしても、ブロック注射にしても、効果があらわれるまでは何回かは継続して受けてくださいと言われます。1回で痛みが取れるとは限らないからです。そう言われて何回かどちらも受けていると何がどう効果があったのかがさっぱり分からなくなります。

 

しかし、世の中には痛みさえ取れれば、やり方や方法は何でもいいと乱暴なことを言わるる方もいらっしゃいます。

僕はその考えは賛同できません。何をやって効果があったのかは、必ずはっきりとさせておかないといけません。

筋肉が固くなって血流が慢性的に悪くなっていたので、それを改善したから痛みがなくなったのか?

ただ単に、痛みを感じなくなっているだけなのか?

同じ痛みが改善するにしても、全く意味合いが違います。

 

他にも、当院の整体と他のカイロプラクティックや整骨院、その他療法を併用するという方もいらっしゃいました。

この場合でも、施術者の力量や、どこをどう刺激してアプローチしているのかで、いろいろと治療効果や弊害が変わってきます。併用していると、どの治療が良かったのかが分からなくなります。

 

私の考えは、どちらかのやり方に専念していただいて、果たして、この治療法が本当に効果があるのかを感じていただきたいというものです。

 

ただ、痛みが強い場合には、痛み止めの服用と並行して施術を受けていただくことはあります。

どうしてもつらい場合は、痛み止めが効くのなら最初のうちだけ使用していただいて、施術を受けていただくことで痛みが改善していくにしたがって、痛み止めを減らし、最終的には痛み止めを飲まなくても良い状態になっていただければ良いと考えています。

 

何が言いたいかと言いますと、「ひとつの治療の目的を良く考えられてから、それが患者さん自身にとって、本当に効果があるものなのかを確認していただいた方がよいですよ」ということです。

 

 

このことを考えていただかないで、

「あんたが治せるんだったらいくらでも払う」と言われたりとか、

生活習慣は直そうとする気がなくて、「絶対に治りますか?」と聞いてみたりとか、

「こっちは辛くてやっとの思いでここに来たんだから今すぐに痛みを取ってよ!」と言われたりするような感覚で来られたとしても、当院では全くお役に立つことができません。

 

身体の治療というものは、考えなしに何でもやればいいというものではありません。

 

簡単ではありますが、この考えが何かの参考になれば幸いです。

 

今回は「治療の併用」についてでした。

最後まで目を通していただきありがとうございました。

 

 

赤羽太陽堂整体院のHPは以下のリンクから。

https://www.taiyoudou-seitai.com/

 

赤羽太陽堂整体院のLINE公式アカウントのご登録はこちらから。ご予約・お問い合わせもできます。 

https://lin.ee/w9zFitL

 

 

次ページへ »