赤羽太陽堂の整体ブログ

ブログ

痛み止めってどうなの?

雑記
2019年06月19日

こんにちは。

赤羽太陽堂整体院の木村です。

 

腰や脚に強い痛みが出て苦しんでおられる方が多いです。

 

まず、脚や腰などに強い痛みが出たら、病院に行くと思います。まずは、整形外科に行くと思います。

それは、間違いではないと思います。

まず、痛みが出ている身体の状態がどうなっているのかを確認する必要があります。

 

骨折はしていないか? 

靭帯を痛めていないか? 

打撲などで炎症がないか?

何かしらの内臓の病気や外科的な手術を必要とする状態なのか?

 

これらは、しっかりと確認する必要があります。

 

しかし、整形外科に行って受診すると、「レントゲンを撮りましょう」と言われてレントゲンを撮ります。

そして、レントゲンの画像をみて、「何でもないようですね」「骨と骨が狭まって神経を圧迫しているので、これで痛みが出ているのでしょう」「ヘルニアの一歩手前ですね」とか「ヘルニアですね」とか「脊柱管狭窄症ですね」とか、色んなバリエーションがあります。

 

そこから、「痛み止めを出しましょう。これで様子を見てください」とか言われたりします。

そんなことを言われたら、患者さんは「様子を見るっていつまで様子をみるのよ」「痛み止めで治るの」とか「痛み止め出してこれで終わり?他に何かしてくれないの?痛みを軽減する治療は?」みたいな感じで、混乱する人が出てきます。

 

さらに、「痛み止めを飲んで様子を見て、これで悪くなるようだったら手術しましょう」とか、最初に出した痛み止めが効かなかったら、「もっと強いものを出しましょう」となります。

そんなこと言われたら、「この様子を見る期間って意味があるの?」「もっと強いのって何?怖い・・・」「痛み止めって強ければ、痛みの原因が治るの?」というように、ますます混乱します。

そして、痛み止めが効かなくなると、「ブロック注射」が登場するパターンが多いです。

ブロック注射の有効性はほとんど認められないとの報告があがっています。

慢性の座骨神経痛に、硬膜外ブロックで、ステロイドを加えても有効性の増強はないと言われています。神経根ブロックでステロイドを使用しても有効性は変わらないという実験報告もあります。

ブロック注射などの、ブロック療法などの様々な論文からはエビデンスがまだ不十分と言われています。

実際に、ブロック注射を行っても、ほとんど痛みが引かないケースを多く聞いたりします。

 

これらの、痛み止めやブロック注射は、根本的に痛みの原因を良くするためのものではないということは知っておいた方が良いと思います。

ただ単に、痛みという症状をなくそうとするだけです。

痛みは何のために出るのか?

それは、身体に悪いところがあるということを教える為です。

痛みで身体に悪いところがあると認識させるためです。

痛み止めやブロック注射などで、たまたま痛みが消えたとしても、それで痛みが発生した原因が良くなったわけではないのです。痛みの原因は変わりません。

下手に、痛みをなくすことで、身体の状態が悪いままでさらに身体に負担をかけ続けることになるので、ますます痛みの原因の部分が悪くなっていきます。

なので、痛みだけなくすという行為は、身体にとって良いことはありません。

良いことと言ったら、その時の痛みが消えることぐらいでしょうか。全く良いことではありませんけどね。

 

僕も思う時があります。このような先生方は、自分が同じように、痛み止めを飲んでも痛みが治まらない状態になった時に、同じようなことを自分にするのか?と。

何の治療らしいこともしないままで、痛み止めで様子をみさせられて、さらに効かなければ、強い痛み止めを飲むというのか?

効かないブロック注射を何本も打つのか?自分の身体に?と思う時があったりもしました。

しかし、こんなことを言っても無駄なことです。整形外科という病院のシステムがそう出来上がっているのです。なので、そんなことの文句を言っても、状況は変わりません。

 

そして、整形外科に行っても、決定的に診れないところがあります。治療法がないところがあります。

それは、「筋肉」です。

筋肉の状態は画像診断では分かりません。これは、別の機会に譲りますが、画像診断が全ての原因を映し出すものかといったらそうではなかったりします。

筋肉は大事です。

筋肉は骨格を支えています。姿勢に影響してきます。

筋肉が時間をかけて固くなると、筋肉の中を通っている血管を圧迫します。

血管を圧迫すると、血液が身体の隅々まで行き渡りにくくなり、身体全体の代謝が落ちてきます。

代謝が落ちると、身体に必要な栄養と酸素が供給されにくくなり、筋肉もますます固くなってきます。

慢性的に筋肉が固くなり、身体の動きが悪くなってくると、発痛物質が増えてきて痛みが出るようになります。

痛みを感じるようになってくると、痛みが出ているところを庇おうとして、他のところに負担がかかるようになっていきます。

それが、そのうちに筋肉の損傷やケガにつながります。

そうなると、筋肉が拘縮して、血管をさらに圧迫して血流障害がおきて、身体に酸素が供給されにくくなり、ますます痛みが出る状態になり、そのようなストレスがかかってくると、交感神経が過剰に働くようになって、ますます筋肉の緊張が起こり、血管を圧迫して血流が悪くなっていくというような悪循環に陥ります。

 

当院で行う整体は、こういった身体の筋肉の悪循環を断ち切って、良い身体のサイクルに戻っていただけるようにするものです。

 

病院に言っても、原因が分からなくて痛みがあったり、

「骨と骨がつぶれている」とか「ヘルニアになりかけている」「椎間板ヘルニア」「脊柱管狭窄症」「骨は大丈夫だから」とか「歳だから仕方がないね」とか「誰でも痛いものだから」などと言われて、手術しないといけないのかなと不安に思われている方や、そもそも、痛み止めなんかでは治りはしないし、根本的には筋肉の状態を良くしていった方がいいんだろうなと思われた方は、

当院でお力になれることがあると思います。

根本的なところから身体の状態を改善していく為の取り組みをしていきたいと、真剣に検討されている方にとっての希望になれればと常に考えています。

 

この、ブログをみて気になった方は、是非、ご連絡ください。

 

赤羽太陽堂整体院のHPはこちらから。

 

 

関節の動き

雑記
2019年06月18日

こんにちは。

赤羽太陽堂整体院の木村です。

 

今回は「関節の動き」について。

 

今、あなたの身体の関節は正常に動いていますか?

肩の関節、肘の関節、手首の関節、股関節、膝の関節、足首の関節、手足の指の関節、背骨の関節、顎の関節など、他にも身体が動く節には、関節があります。

色んな関節を動かしてみて、動かしにくい関節はありますでしょうか?

左右の関節で、動きがちがったりしていないでしょうか?

動かして痛いところはないでしょうか?

 

痛みが出て、日常生活に支障が出て困っている方は、痛みがあるので、身体の異常に気が付きます。

しかし、関節の動きが悪くなってきていても、痛みがなく日常が過ごせていると、なかなか悪くなっていることに気が付きません。

例えば、右の股関節の周りの筋肉が固くなっていて、股関節の動きが明らかに悪くなっているようでしたら、その右の股関節が十分に動かない代わりに、その分、反対の股関節でかばって負担がかかり、股関節のアンバランスの影響を受けて、身体の使い方がバランスの悪い使い方になり、膝関節、足首の関節、背骨の関節、肩関節など身体全体に知らないうちに負担がかかるようになっていきます。

なので、身体のどこかの動きが悪くなっていて、今は痛みがないからと、それを放置していると、時間の経過と共に、他の部分も負担がかかって、関節を動かす筋肉が固くなり、筋肉が固くなると関節の動きがぎこちなくなったり、悪くなったりして、その関節が十分に動かない代わりを他の関節に負担をかけて代償するようになっていきます。

事前に、関節の動きが悪くなっていないかを確認する方法があります。

左右対称に行うストレッチと、左右身体全体で関節を十分に動かす体操を行うことです。

日常的にこれらを行う習慣があると、関節の動きをチェックできます。

左右対称に行うことで、左右の身体の動きの違いが分かります。

ストレッチの場合は、筋肉の固さ、伸び方、左右の違いが分かります。

 

ストレッチをやり始めた方は、左右アンバランスな方が多いです。

開脚して、右足はスムーズに伸びるのに、左脚は伸びにくい場合は、できるだけ左右の動きが同じになるように、伸びにくい左脚を多めに伸ばしたりして調整します。

 

日ごろから、こういった「関節の動き」を意識していると、知らないうちに筋肉の状態が悪くなって、いきなり痛みが出てきて苦しむ状態になることを防ぐことができます。

 

よく「運動はした方がいいですよ」と言われたことがある方もいらっしゃると思いますが、ただやみくもに運動をすればいいというものではありません。

ご自身の、関節の動き、筋肉の固さなどをチェックして、ご自身に合った、やり方、負荷のかけ方でやらないと、運動すればするほどに、筋肉が固くなり、身体のバランスが悪くなって、動きが悪くなって、いつの間にか、身体に痛みが出てきてしまっているということになりかねません。

 

この考えは、広く知られているようで、意外と理解している人は少ないです。

 

慢性的に筋肉が固くなってくると、必ず「関節の動き」身体の動きが悪くなってきます。

 

この慢性的な筋肉の固さで動きが悪くなっているのを、「歳のせい」だとか「筋肉が落ちているから」だとか「椎間板ヘルニア」だとか「脊柱管狭窄症」だとかのせいにしない方が良いです。

必ずと言っていいほど、今までに生活習慣で、筋肉が固くなって動きが悪くなっていることが多いので、自分の身体の状態をきちんと把握して地道にそれらの改善に取り組むのが、根本から身体の状態を良くしていくのには一番の近道です。

手術やブロック注射や痛み止めで、痛みが一時的に取れたような感じがしても、一時しのぎで、慢性的に固くなった筋肉の状態や関節の動きが変わるわけではありません。

悪くなった筋肉の状態を放置することで、筋肉の部分は時間の経過と共に悪くなっていきます。

 

今回は、「関節の動き」というテーマでしたが、日ごろから自分の身体の動きをチェックすることはすごく大切です、という話しでした。

 

 

根本改善整体の赤羽太陽堂整体院のHPはこちら。

当院からのお願い。

雑記
2019年06月2日

こんにちは。

 

赤羽太陽堂整体院の木村です。

 

今回は、当院からのお願いです。

 

当院では、「寝坊した」「すっかり忘れていました」というような理由で、当日キャンセルされた方は、次回以降、キャンセル料金(施術1回分)を頂戴してから次回の予約受付をさせていただきます。

きちんとした理由がない場合や、理由の説明がなく勝手に何度もキャンセルされる悪質な場合は、次回からの予約をお断りさせていただきます。

 

よろしくお願いいたします。

 

 

次ページへ »