血液の働き。白血球と血小板。

こんにちは。

赤羽太陽堂整体院の木村です。

 

今回は「血液の働き。白血球と血小板

というテーマです。

 

白血球は、血液内に侵入した細菌やウイルスなどの

外的を排除するのが役割としてあります。

 

身体の各部分で、外的の侵入が起こった時は、

そこに移動して血管の外に出て外的の排除を行います。

 

これを炎症反応言います。

 

このように、白血球は、生体防御の役割(免疫反応)を担っています。

 

血小板は、血管が破綻した時に、そこに集まって凝固して血栓を作って

破綻した穴を塞いで、血液の流出を防ぐ役割があります。

 

こうしてみると、白血球が生体防御を行うのにも、

外敵のいる場所まで血液で運んでもらわないといけません。

 

血小板も、血管が破綻した場所まで

血液で運んでもらわないといけません。

 

血液の役割は運搬です

 

運搬が正常に行われるためには、

常にスムーズに流れていないといけません。

流れてこそ、本来の血液の役割を十分に果たせるのです。

 

重要な血液の流れ、血流を作り出しているのは、心臓です。

 

心臓が働いていることで、全身に血液が送り出されます。

心臓が止まってしまうと、人間は死んでしまいます。

 

何故、死んでしまうのかと言うと、

血液の流れが止まるからです。

 

血液が流れないと、生命維持のための

運搬の役割が果たせなくなります。

 

そうなることで、全身の細胞は栄養不足になり、

酸素不足によって身体を動かすエネルギーがなくなり、

一方で老廃物というゴミがいっぱいになってしまいます。

 

これでは、人の身体はひとたまりもありません。

 

心臓が止まっても、人間の身体には血液はありますが、

流れていない血液は人間にとって何の役にも立たないのです。

 

血液は心臓から送られて、動脈を通って全身に酸素と

栄養素を運びます。

 

また、血液には細胞組織で発生した

二酸化炭素を肺へ運び出す役割があります。

 

血液は細胞組織と肺と心臓を巡っていく必要があります。

このように全身を血液が巡る仕組みを「循環器」といいます。

 

簡単ではありますが、「血液の働き。白血球と血小板」

というテーマで、血液の流れの大切さを説明させていただきました。

 

赤羽太陽堂整体院の整体施術では、

この「血液の流れの改善」による

 

身体の回復力の向上

自然治癒力の向上

疲れにくい体作り

根本からの身体の改善

メインテーマとして、患者様に対応しています。

 

薬やその場しのぎの対症療法に極力頼らない方法で、

お身体の改善にしっかりと取り組んでいきたい方は、

当院まで、お気軽にご相談ください。

 

 

赤羽太陽堂整体院のHPはこちらから。

赤羽太陽堂整体院のLINE@のご登録はこちらから。ご予約・お問い合わせもできます。

赤羽太陽堂整体院のYouTubeチャンネル

 

 

当院へのアクセス情報

住所〒115-0045 東京都北区赤羽1-42-14 メゾンコデラ101
予約完全予約制とさせていただいております。
※キャンセルは前日までにご連絡ください。
電話03-6903-8238
受付時間09:00-20:30 不定休