痛みの軽減について。

こんにちは。

赤羽太陽堂整体院の木村です。

 

今回は「痛みの軽減について」です。

 

人は痛みを感じると、脳の「中脳辺縁系」から

「ドーパミン」が放出されるようになっています。

ドーパミンが放出されると、「μ(ミュー)オピオイド」

が体内で産生されて、痛みを抑制、軽減してくれます。

 

通常であれば、痛みが出たらこういった

「ドーパミンシステム」が働くのですが、

抑うつ状態、不安、恐怖などの過剰なストレスの

体験が長期間続いていると、「ドーパミン」が

出なくなって痛みを抑制、軽減する

システムが働かなくなります。

 

心理的、社会的要因で起こる痛みは、こういった理由から

改善しにくくなるという側面があります。

 

痛みを改善させるには、「ドーパミン」を放出させる

ことが大事になってきます。

 

通常、痛みを感じたら、ドーパミンが出るように

なっているのですが、その他にも、ドーパミンが

出る方法があります。

 

それは、「楽しみ」「喜び」「快楽」でドーパミンが出てきます。

「楽しい」「嬉しい」「気持ちいい」そういったもので、

ドーパミンが放出させることが可能になってきます。

 

それは、心地よいイメージ、または、心地よい音楽、匂い、

美味しい物を食べることが良かったりします。

 

良いイメージは、より鮮明にイメージができると

良いとされています。

 

脳というのは、イメージと現実を区別できないので、

イメージがリアルになればなるほどに、頭の中では

それが現実になってきます。

 

イメージトレーニングが効果があるということは

そういうことだからです。

 

痛みのない自分や、理想的な自分や、ストレスのない自分を

イメージして、これまでの悪いイメージを上書きしていくと、

そのイメージに沿って、より良い方向に成長、改善、変化して

いくことができます。

 

脳を含めた神経系というのは、PCの上書きと一緒で、

上書きができます。

 

このイメージは、映像化だけでなく、匂い、肌で感じる暖かさ、

音など五感で感じるものも含まれるとより良かったりします。

 

より良いイメージをする習慣を身に付けることで、

「楽しい」「嬉しい」「心地よい」「気持ちいい」

「充実している」「安心感」などの感情が出てきやすくなって、

痛みを抑制する「ドーパミン」が放出されやすくなって、

痛みが改善されやすくなっていきます。

 

痛みの改善は、薬や物理的な治療だけでは

限界があったりすることがあります。

 

その場合は、心理的、社会的ストレスの改善による、

ドーパミンシステムの改善が必要になってきます。

 

そして、このドーパミンシステムの改善のキーワードは、

「癒し」です。

 

自分自身を「癒す」という観点がとても大事になってきます。

自分自身を癒せるものはあればあっただけ良いです。

 

自分にとって何が癒しになるのかを考えると良いです。

 

今回は、「痛みの軽減」についてでした。

 

赤羽太陽堂整体院のHPはこちらから。

赤羽太陽堂整体院のLINE@のご登録はこちらから。ご予約・お問い合わせもできます。

赤羽太陽堂整体院 院長のYouTubeチャンネルはこちらから。

当院へのアクセス情報

住所〒115-0045 東京都北区赤羽1-42-14 メゾンコデラ101
予約完全予約制とさせていただいております。
※キャンセルは前日までにご連絡ください。
電話03-6903-8238
受付時間09:00-20:30 不定休