痛みの見極め。

こんにちは。

赤羽太陽堂整体院の木村です。

今回は、「痛みの見極め」についてです。

私は整体院を営んでいますが、患者さんの殆どは身体のどこかに痛みをかかえてこられる方ばかりです。

特に初めて来られる患者さんには、痛みに関してのことを詳しくお伺いします。

どこが痛いのか? いつから痛いのか? どのような痛みなのか? 痛みが出た原因で思い当たることは? どの様な時が一番痛いのか? 生活の上でどういったことに支障が出ているのか?  以前にも同じような痛みを経験されているか? その痛みはずっと痛いのか? それとも痛い時と痛くない時がるのか? 最初に痛みが出た時から比べると今の痛みはどの程度なのか? 

細かく聞くと他にもいろいろと聞いたりしますが、だいたいこのようなことを患者さんから聞いて確認しています。

このように痛みに関して質問する意味は、その痛みが急性の痛みなのか?慢性の痛みなのか?を確認する意味があります。

他には、ケガの痛みなのか? 病気の痛みなのか? 慢性的な筋肉由来の痛みなのか?を鑑別するための意味もあります。

例えば、私の赤羽太陽堂整体院は慢性痛を専門として対応を行っていますが、もし、患者さんの痛みが急性のケガの痛みだったり、病気の痛みだったりすると、当院の対応対象外だったるします。

急性のケガは、炎症が起きているので、その痛みに関しては、整体の技術で痛みがなくなることはありません。炎症が起こっている時は、壊れた身体の組織を修復するために炎症という反応を起こしているので、下手に身体をいじらないで、炎症が治まるまで安静にして様子をみていた方が良いということになります。

病気の痛みに関しては、完全に整体院の対応の範疇を超えています。

何でもかんでも、身体の不調や痛みは整体で何とかするというものではなく、病気の疑いありの場合は速やかに病院で検査して、実際に病気だったら病院で治療を受けてもらいます。

そうしないと、場合によっては病院での受診の遅れが命取りになることもあるからです。

なので、急性のケガの痛みなのか?病気の痛みなのか?それとも、筋肉由来の慢性的な痛みなのか?を施術者がきちんと判断する必要があります。

 

それでは、整体院は何をするところなの?ということになりますが、それは、「筋肉由来の慢性痛もしくはその他の症状」の改善と、「慢性的な身体の歪みを整えること」そして「全身の血流を改善して自然治癒力を向上させること」、この3点に集約されると考えています。

 

慢性痛は、

「特定される原因がないのに、痛みが慢性的に続く状態を慢性疼痛と言います。 傷病が完治した後も3ヶ月以上痛みの症状が続く場合、がん・糖尿病・関節炎・線維筋痛症などの慢性疾患、完治しないケガが原因の痛みが継続する場合、慢性疼痛とされます。 また、感覚神経が障害されることで生じる痛みを神経障害性疼痛と言います」

というものですが、

その中でも、急性のケガや病気以外の、長期的な身体への継続的な負担によって筋肉の拘縮が起こり、その結果、血流が悪化して身体に痛みやその他の症状が出ている状態の慢性症状が整体(赤羽太陽堂整体院ではそう考えています)の対応範囲になります。

この筋肉由来の慢性痛であれば、赤羽太陽堂整体院ではほぼ改善していきます。

逆に言うと、急性のケガによる痛みや病気由来の痛みは、何をやっても改善していきません。

なので、当院では、最初の痛みと身体の状態の見極めの為、必要な質問をして漏れの無いように患者さんに確認させていただいています。

漠然と、効果があるかどうか分からないのに、惰性で電気治療をやったり、湿布を貼ったり、痛み止めだけを飲み続けたり、首や腰を引っ張るけん引をやったり、表面の筋肉だけを気持ちよく揉んでいたりばかりしていても意味がありません。

きちんと、どういう身体の状態なのかを確認した上で、このやり方であれば効果があり改善が見込まれるというものを導き出すことがとても大事になります。

今回は、「痛みの見極め」について書いていきましたが、少しでも参考になれば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

赤羽太陽堂整体院のHPは以下のリンクから。

https://www.taiyoudou-seitai.com/

 

 

当院へのアクセス情報

住所〒115-0055 東京都北区赤羽西1-34-2玉川ビル302
予約完全予約制とさせていただいております。
※キャンセルは前日までにご連絡ください。
電話03-6903-8238
受付時間月~土:13時~21時30分
日・祝:9時~20時
不定休