急に身体を痛めた時に注意すること。

こんにちは。

赤羽太陽堂整体院の木村です。

今回は、「急に身体を痛めた時に注意すること」です。

 

今まで痛みがなかったのに急に身体のどこかが痛くなって苦しい思いをしたことのある方は多いと思います。

急に痛みが出てきた場合はどうしたら良いのか?

それは、どうやって痛めたのか?どういった経緯で痛みが出たのか?もしくは、痛みが出た原因について何か思い当たることがあるのか?ということでいろいろと対応方法が変わってきます。

 

今まで感じたことのない異様な痛みの場合は、まず病院で検査した方が良いです。

急な痛みでなくても、ずっと同じところが痛くて、痛みが感じない時間はないというぐらいずっと痛みが続いている場合、夜中もずっと痛みが続いている場合でもとりあえず病院にいって、まずは身体の状態を検査してもらうことをお勧めします。

何故かというと、こういう場合は何かしらの病気である可能性が否定できないからです。もしかしたら、病院で検査してもらっても大丈夫だったということもあります。その場合は身体が病気でなくて良かったという安心材料にもなりますので、検査することは無駄ではありません。この痛みは何かの病気ではないのかと不安を持ち続けて生活するよりも良いと思います。

整体の検査では身体の中身までは診ることができませんので、心配であれば診てもらう方が無難です。

 

それから、何かの作業をしていて、変な体勢になった時や、普段やらないような重いものを持ち上げた時に、その時に絶対に痛めたと確認できる場合は、身体の筋肉などに炎症が起きて痛みを引き起こしています。

その場合は、炎症が起きているので、2~3日は炎症が治まるまで無理のないようにされることをお勧めします。

人の身体は炎症が起きると、炎症が治まるまでの時間で48時間~72時間ぐらいの炎症期というものがあります。

炎症が起きていたら、身体の自然治癒力で炎症が治まるまでの期間は様子をみるということが必要です。

炎症が起きている時は、炎症を悪化させるような、入浴や激しい運動、飲酒は控えた方が良いです。

そして、この炎症期間というものは、少なくとの48時間(2日間)ぐらいはあり、40歳を過ぎると炎症が治まるまで72時間(3日間)はかかる場合もあると言われています。

その期間が過ぎるまでは、整体の施術をしても、炎症は治まらないということにもなります。逆に炎症部位を変にいじくってしまって悪化させる可能性もあります。

たまに、何かの作業をしていて身体を痛めたその日のうちに整体の予約をして施術を受けようとされる方がいらっしゃいますが、その時に整体の施術をしたとしても炎症による痛みは治まらないということです。

なので、まずは2~3日間で炎症が治まるのを待ってから整体の施術を受けられた方が結果的に改善しやすかったりします。2~3日待つことで、炎症の痛みが引いてきて自然と痛み落ち着くこともあります。

2~3日やそれ以上の日にちが経っても痛みが引ききらない分は、炎症によるものではない痛み、慢性的に筋肉が固くなって血流が悪くなっていることに起因する痛みもあるということなので、その部分は整体を受けて筋肉の状態を改善して血流を良くしていくことで、さらに改善されることもあります。

 

急性的な痛みが出てきたときに気を付けることは、痛み止めの注射を打ってでも、痛みをなくしてさらに身体を酷使して無理をしてしまうことは絶対に避けるということです。

こういうことをしてしまうことで、身体が炎症を起こしてから治そうとしている作用を邪魔してしまって、さらに筋肉などの組織にダメージを与えてしまって、結果的に後々にまで影響する身体のダメージを引きずってしまうことにもなります。

身体にケガなどで急性的な意味が生じてしまった場合は、最初の2~3日は無理をしないことだと思います。

 

今回は「急に身体を痛めた時に注意すること」というテーマで書いていきました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

赤羽太陽堂整体院のHPは以下のリンクから。

https://www.taiyoudou-seitai.com/

当院へのアクセス情報

住所〒115-0055 東京都北区赤羽西1-34-2玉川ビル302
予約完全予約制とさせていただいております。
※キャンセルは前日までにご連絡ください。
電話03-6903-8238
受付時間月~土:13時~21時30分
日・祝:9時~20時
不定休