五感からの刺激。

こんにちは。

赤羽太陽堂整体院の木村です。

 

今回は、「五感からの刺激」についてです。

 

人には、「五感」があります。

五感とは、

触覚」・・・何かを触ったり、自分の身体の触れられたりすることで感じる感覚です。

寒さや暑さ、暖かい冷たい、痛い、かゆいという感覚も含まれています。

味覚」・・・何かを食べたり飲んだりするときに舌で感じる感覚です。

嗅覚」・・・鼻で臭いを感じる感覚です。

聴覚」・・・耳で音を感じる感覚です。

視覚・・・目でものを見て何かを認識する感覚です。

 

人はこの五感を通して、良い感覚を感じたり、

悪い感覚を刺激として感じたりします。

 

・「触覚」では、触り心地の良いものを触ったり、

触れられて気持ちが良かったり、寒すぎず暑過ぎず

快適な環境にいることができたり、痛みを感じなくて、

心地よさを感じたら、それが身体にとって良い刺激になります。

 

逆に、触り心地の悪いもの、触られて嫌なものに触れたり、

寒すぎたり暑すぎたりして身体にストレスがかかったり、

痛みやしびれ、かゆみなど嫌な感覚を感じると、

それは身体にとって悪い刺激になります。

 

・「味覚」では、

美味しいもの、食感が良いもの食べると、

それは身体にとって良い刺激になります。

 

逆に、まずいもの、不快に感じるものを食べると、

それは身体にとって悪い刺激になります。

 

・「嗅覚」では、

良い匂いを嗅いだり、心地よい匂いを嗅ぐと、

それは身体にとって良い刺激になります。

 

逆に、臭い匂い、不快な匂いを嗅ぐと、

それは身体にとって悪い刺激になります。

 

・「聴覚」では、

心地の良い音や声を聴いたりすると、

それは身体にとって良い刺激となります。

 

逆に、うるさい音や不快な声や音楽を聴くと、

それは身体にとって悪い刺激となります。

 

・「視覚」では、

目に優しいものを見たり、好きなものを見ると、

それは身体にとって良い刺激となります。

 

逆に、見たくないものを見たり、気持ちが悪くなるものを

見ると、それは身体にとって悪い刺激となります。

 

良い刺激は身体にとって、幸福感を感じたり、喜び、高揚感、

充足感、充実感などの快感ですので、ストレスの軽減に繋がります。

 

悪い刺激は身体にとって、不安感、不信感、イライラ感、

怒り、悲しみ、喪失感など、いろいろな不快感なので、

ストレスの増大に繋がります。

 

どの刺激を与えた方が身体にとっていいかは言うまでもありません。

 

「五感」にプラスして、「直感」などの「第六感」もあります。

 

六感」では、何かいい感じだなとか、何かこっちの方が

安心するかなと感じたりしたら、それも身体にとって

良い刺激になります。

 

何となく嫌だなとか、何か気が進まないなと

感じたりしたら、それは身体にとって悪い刺激になります。

 

ここでは、何が言いたいのかというと、できるだけ身体に

悪い感覚を与えないようにしてストレスを少なくして過ごすことも、

健康を保っていくのに大事ですよということです。

 

ただ、100%ストレスを回避することは無理な話ですので、

とりあえずは、「五感」「六感」という視点でみたときに、

今までの生活で、何のストレスが大きかったのかを明確にしてみて、

 

ストレスを減らす為にできることはないだろうかと

考えてみることも良かったりします。

 

人は痛み・しびれやその他の日常生活に支障がある

身体の症状についてはは意識しやすいですが、

五感の刺激ということに関しては、毎日のストレスに

晒されていても、それが当たり前になってしまっていて、

何がストレスになっているのかになかなか気が付けなかったりします。

 

このことを考えることは、生活習慣の改善にも繋がりますので、

是非、「五感」という視点でご自身のストレスの状況を把握して、

健康的な生活を維持することに活かしていただければと思います。

 

今回は、「五感からの刺激」というテーマで書いていきました。

 

同じテーマで、動画を作成しています。

話下手で聞き取りづらいところもあるかもしれませんが、是非、見てください。

 

赤羽太陽堂整体院のHPはこちらから。

赤羽太陽堂整体院のLINE@のご登録はこちらから。ご予約・お問い合わせもできます。

赤羽太陽堂整体院のYouTubeチャンネル

当院へのアクセス情報

住所〒115-0045 東京都北区赤羽1-42-14 メゾンコデラ101
予約完全予約制とさせていただいております。
※キャンセルは前日までにご連絡ください。
電話03-6903-8238
受付時間09:00-20:30 不定休