血液還流について。

おはようございます。

赤羽太陽堂整体院の木村です。

今回は「血液還流について」です。

血液の環流とは、心臓から送り出された血液が大動脈を通って身体の抹消の毛細血管まで行き渡り、その後に静脈を通って心臓に戻る血液の流れの事を言います。

血管の長さは、主要な血管だけで総延長数百キロメートル、毛細血管まで含めると、約10万キロメートルと言われています。

心臓のポンプの働きだけで血液を環流させることは物理的にも不可能です。身体全体にある骨格筋の筋ポンプ作用によって血液は心臓へと戻るようになっています。

ゆっくり歩く時の腰から下の1回の筋肉の収縮で、心臓に向かって送られる血液の総量が約80㏄であると言われています。人間が歩く時の腰から下の筋肉の収縮が1分間に、70回から80回と言われています。なので約80㏄の血液を1分間に70回から80回心臓に送っていることになります。

こういう仕組みがないと、血液は身体全体を循環しないのです。

生活に支障が出るぐらいの辛い状態にならないと、骨格筋が大事なものであるとは認識されにくいですが、血液の循環という事だけで考えても非常に大事なところであります。

筋肉を常に良い状態に保つということは、健康を考えるうえで非常に重要なことです。

今回は「血液還流について」というテーマで書いていきました。

 

赤羽太陽堂整体院のHPはこちら

赤羽太陽堂整体院のLINE@のご登録はこちらから。予約もできます。

 

 

当院へのアクセス情報

住所〒115-0045 東京都北区赤羽1-42-14 メゾンコデラ101
予約完全予約制とさせていただいております。
※キャンセルは前日までにご連絡ください。
電話03-6903-8238
受付時間09:00-20:30 不定休