腰痛疾患の嘘

こんばんは。

赤羽太陽堂整体院の木村です。

今回は、「腰痛疾患の嘘」で書いていきます。

とある世界の論文によると、

「腰痛のない健常者に見られるヘルニアおよび椎間板変性の比率が、

腰痛のない健常者の76%にヘルニアが見つかり、85%に椎間板変性が発見されています。

(中略)

また、発見されたヘルニアや椎間板変性のタイプは、腰痛患者と腰痛のない健常者の間で差を認められないとあります。

ヘルニアや椎間板変性でない人の方がまれであって、腰痛患者にヘルニアや椎間板変性が見つかったとしても、

当たり前のことである。

すなわち、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症が見つかった時に、それが腰痛の原因とされてきた常識は間違っているのです」

という内容のことが書いてあります。

私自身も、整形外科でレントゲンを撮ってもらって、「脊柱管狭窄症」と診断を受けて、コルセットを買わされ、

「もっと、酷くなったら手術も考えないといけないね」と医者に言われたことがあります。

しかし、今現在は、腰痛は無いですし、生活に何の支障もありません。

体験的にも、「脊柱管狭窄症」のような腰痛疾患とされるものは、腰痛や足の痺れとは何の関係もないことが実感できます。

よく、ヘルニアと診断された経験のある方で、「腰椎の5番だったかヘルニアと診断されているので、そこは触らないでほしい」という方がいますが、典型的な医者に洗脳されているタイプと言えます。

知らないというのは恐ろしいもので、ヘルニア=腰が痛い、と思い込んで時間が経過すると、その固定概念は抜けにくくなってきます。

もしくは、腰が痛いのは、ヘルニアのせいだからと逃げて、自分を客観視できずに、自分を変える努力ができずに、あきらめている、もしくは、もがいている姿なのではないかと思います。

何を信じるかは人の勝手ですが、腰痛とヘルニアは関係がないという考えに至るまでは、縁がある人はそれに気が付くし、縁のない人は一生気が付くことなく、相変わらず、自分が腰痛なのはヘルニアのせいだと信じているのかもしれません。

当院では、腰痛はヘルニアや脊柱管狭窄症と関係がないことを証明するために整体を通じて活動しています。

腰痛でお困りの方は、東京都北区赤羽駅から徒歩5分の当院迄ご相談ください。

赤羽駅の結果主義整体 赤羽太陽堂整体院

 

 

当院へのアクセス情報

住所〒115-0045 東京都北区赤羽1-42-14 メゾンコデラ101
予約完全予約制とさせていただいております。
※キャンセルは前日までにご連絡ください。
電話03-6903-8238
受付時間09:00-20:30 不定休

電話お問い合わせ