産後に骨盤が開くは嘘。

こんにちは。

赤羽太陽堂整体院の木村です。

今回は「産後に骨盤が開くの嘘」についてです。

 

巷では良く「産後の骨盤矯正」を謳っているところがあります。

そういうところは、「産後に骨盤が開いているから矯正した方が良いですよ」と言ったりしています。

しかし、産後に骨盤が開いてしまっているということはありません。

出産前には、10か月かけて骨盤の仙腸関節や恥骨結合と言われているところのジョイント部分の靭帯が弛んできて出産に備えるようになっています。

しかし、出産が終われば元に戻ります。そうなると仙腸関節や恥骨結合のジョイント部分は靭帯で結合されているので動いても1~2ミリしか動きません。

なので、骨盤が開いているという表現は嘘になります。

これは、見え方の問題です。身体のバランスが崩れていて身体が右に捻じれていたりして骨盤を正面から見ると、骨盤の右側が閉まって左側が開いているように見えます。骨盤自体の形状はそのままでただ骨盤全体が捻じれて見えているということに過ぎません。

この場合、「産後の骨盤矯正」をしましょうと言って骨盤をいじっても骨盤自体の形状が変わっているわけではありませんので、あまり意味がありません。

身体全体をみて、なぜそのように捻じれているようになっているのかを診るのが大事になってきます。

産後にたまたま身体のバランスが崩れているのをみて、それを対処するのに「産後の骨盤矯正」という程大げさなものではありません。

産後の骨盤矯正と言う表現が良くないのだと思います。産後の骨盤矯正というものがポピュラーになっている現状はいかに身体の事に対して無知な人が多いかの証明でもあります。

「産後の骨盤矯正」なんてありません。身体に不調があれば、他に何かしらの原因があるのでそれを見つけて対処するだけの話です。

今回は、「産後の骨盤矯正」についての私見を書いてみました。

 

 

赤羽太陽堂整体院のHPはこちら

赤羽太陽堂整体院のLINE@登録はこちらから。予約もできます。

当院へのアクセス情報

住所〒115-0045 東京都北区赤羽1-42-14 メゾンコデラ101
予約完全予約制とさせていただいております。
※キャンセルは前日までにご連絡ください。
電話03-6903-8238
受付時間09:00-20:30 不定休

電話お問い合わせ