歩いてますか?

こんばんは。

赤羽太陽堂整体院の木村です。

今回は「歩いていますか?」について書いていきます。

なぜ、歩いていますか?というと、それが健康を維持していく上で非常に大切だからです。

難しく考えなくてよいです。

脚は身体の下に位置していて、身体の中でも一番筋肉量が多いので、身体の血流に大きく影響しています。

たまに、患者さんから、腰を画像診断した時に、「脊柱管狭窄症で、この部分の血流が悪くなって黒くなっていますね、このままだと歩けなくなるので手術しましょう」と言われたという話を聞きます。不安をあおるだけの医者多いですね。

その部分だけ見て、その部分だけ対処するというのは身体の構造を考えるとおかしな話です。
その部分だけ血流が悪くなっているということは無いのです。
長期的に身体のアンバランスが続いて、もしくは長期的な負担が続いて、回復しきれなくなって、それに合わせて筋肉が固くなり、クセがついて血流が悪くなっているのです。
なので、対処するべきは身体の全体のバランスを考えて悪い癖をとっていくことです。

痛みが出ていようが、しびれていようが、歩くのが疲れやすくても、身体のバランス、筋肉の回復が一番重要です。

本来はその対応をしないといけないのに、ブロック注射、痛み止めで痛みをごまかして、身体は良くなっていないのに、悪い身体でさらに無理を重ねる悪習に陥って、結果的に、もっとひどくなった時は、ブロック注射も効かず、痛み止めも効かなくなって、もっと苦しい思いをすることになります。手術も然りです。

なので、痛みをごまかしたり、その時何とか動けてればいいと、甘く見ていると良くないです。
しかし、それを助長しているのが病院の間違った対処法にあると思います。

なぜ、こんなその場しのぎの方法が当たり前にあるのか?

それは、今まで健康に関心をもたず、痛みが出ても、お手軽に痛みが取れる方法があると、自分の身体を粗末にしてきた人が沢山いて、また、もうけ主義の病院が人が良くなろうが、悪くなろうがお構いなしに、その場しのぎのものを売り続けた結果であると思います。

本題に戻りますが、人は歩くことで正常な血流を維持して、身体の機能を保つようにできているので、歩くのが大事なのです。

身体の回復=血流の正常化と言っても過言ではありません。

身体の活動や回復に必要な栄養素、その栄養素をエネルギーとするときに「酸化作用」がひつようですが、その時に必要な酸素が含まれた、血液が十分に体中にいきわたることが大事なのです。

脚だけではありませんが、脚を動かさないと、血流が滞って、回復力が落ちてしまうというのがあります。

なので、私は、脚の悪い人はまず、歩けるようになってもらう施術を最優先します。

脚のストレッチもやってもらいます。

「歩いていますか?」ということで書いていきましたが、
健康を保つには、歩くということが重要な1つの要素であることは間違いありません。

適度に、歩きましょう!

当院へのアクセス情報

住所〒115-0045 東京都北区赤羽1-42-14 メゾンコデラ101
予約完全予約制とさせていただいております。
※キャンセルは前日までにご連絡ください。
電話03-6903-8238
受付時間09:00-20:30 不定休