時間の概念。

こんにちは。 赤羽太陽堂整体院の木村です。  

今回は時間の概念について書いていきます。 当院では、完全予約制で対応させていただいております。 「〇月〇日〇時〇分で予約させていただきます」というような感じで予約を受け付けております。その上で、きちんとお約束した時間に必要な対応をしています。  

どのような約束事もそうですが、時間を決めてそのとおりに集合して、予定したことをやるわけです。事前にこれをやる場合はこれぐらいの時間が必要かな、この時間だとこれをやるのには時間が足りないかな、というようなことを勘案して集合時間とそれに対しての必要な時間を確保するわけです。30分必要なら30分、1時間必要なら1時間を事前に確保しておくわけです。

しかし、たまに約束の時間に遅れて、事前に確保しておいた時間が無くなっているにもかかわらず、人の時間がいくらでもあるかのように振舞う人がいます。遅れてきても相手の時間もいくらでもあるかのごとく遅れてきた自分に合わせてもらっても当然だと思っている人もいます。

人の時間を何だと思っているんでしょうねと思ってしまいます。そのような人は自分以外の他人がどの様に動いているかを全く想像ができないのだと思います。自分から人と約束しておいて、人の時間を粗末にしても自分の時間が絶対に大事だと思っている人がいるようです。 約束の当日に、急に自分の都合の良い用事が当日に入ると(本当にやむを得ない場合は別ですが)、いとも簡単にキャンセルすればいいやと考えていたり、酷い場合は事前に連絡もせず平気で半分笑いながら「忘れてしまっていました。ごめんなさい」などと悪気のないような人もいます。 こっちは忙しかったんだから連絡できなくても仕方がなかったんだよとでも言わんばかりの人もいます。

どっちにしても、僕はこのような方とはどのような約束もしたいとは思いません。時間の無駄ですし、相手の為にもなりません。人の時間というものは、仕事している時だけが大事な時間ではありません。休憩時間や仕事以外に本を読む時間だったり、家族と接する時間だったり、仕事とそれ以外の時間にメリハリをつけて、あえてこの時間は仕事や人と会ったりしないと考えている人もいます。そのことによって、仕事の集中力を高めて次の仕事で最高のパフォーマンスを発揮しようと思っている人だっています。

そういった人の時間やスケジュールを自分勝手な都合で狂わせるようなことはしたくありません。 とにかく、人の時間の大切さを思いやることのできない人は、人の時間=命を浪費させているのと同じです。    

あまりきつく時間のことを言い過ぎても息が詰まるかもしれませんが、しかし、他人の時間を思いやるという気持ちは絶対に必要です。誰かに約束の時間を破られ続けているなら、その人はあなたの事を全く尊重していないのでしょう。もしかすると時間を守り続けれない人は、「あの人だから遅れても大丈夫」などと、あなたのことを見下しているかもしれません。

そう思われても仕方のないぐらいに、約束の時間を守れないということは残念なことであると思います。

誰にでも間違いはありますが、わざと約束の時間を守らないとか、時間にルーズなのがクセになっているということがないようにしたいものです。

 

当院へのアクセス情報

住所〒115-0045 東京都北区赤羽1-42-14 メゾンコデラ101
予約完全予約制とさせていただいております。
※キャンセルは前日までにご連絡ください。
電話03-6903-8238
受付時間09:00-20:30 不定休

電話お問い合わせ