慢性的であればあるほど

こんにちは。
赤羽太陽堂整体院の木村です。

今回は、「慢性的であればあるほど」で書いていきます。

「慢性的であればあるほど」の後には、
「治るのに時間がかかります」です。

その治るという意味は、痛みが消えた=治るではありません。

すぐに痛みをぶり返す状態では治っているとは言いません。

多くの人はそこのところを勘違いしています。
ずっと、身体のメンテナンスしていなくて、痛みが出ないからと、悪い状態をほったらかしにしておいたまま身体を酷使して、ある日、いきなり痛みが出始めてから、困ってしまうという人が多いです。

しかも、いったん身体が悪くなってから出始めた痛みが、良い治療をするとすぐに治る、酷いのになると1発で治ると勘違いしている人が多いです。何か魔法のようなものを期待しているのでしょうか?

口では、良くなりたいと言いながら、身体を治すのにお金をかけれない、時間が取れないと言う。
このような人と接して、私が思うのは、タバコや酒、外食などの嗜好品にはお金を使うのに、自分の身体を良くしていくことにお金を使えないというのは、やっぱりこの人は本当に身体を良くしていく気がないのだなということです。

治療を受ける以前に、考え方から変えていった方が良いのではと思います。

治療とサービスを勘違いする人もいます。
少しでも長くやって欲しい。自分だけ特別扱いして欲しい。ここが気になるからここもやって欲しい。
これらは、身体を治すこととは全く関係のないものです。

これは、今までの治療業界の人が、その場の痛みを取ることで治したというような間違った言い方、対応を患者さんに対してし続けてきたことも関係あると思います。また、少しでもお金になればと、自分の信念もなく、伝えるべきことも伝えず、患者さんの顔色を気にして患者さんの言いなりになって、治そうという気持ちより、気に入られようとする卑しい腐った精神の治療家が非常に多いことも関係があるでしょう。整体は所詮こんなものと思われてしまう原因になっています。
非常にレベルの低いやり方が当たり前のような感じで浸透していると感じます。

私は、その痛みが慢性化していたり、長期間にわたって慢性的な負担がかかっていたりした身体というものは、治すのに時間がかかると考えています。その場しのぎではなく治すという意味です。

気に入らなければ来てもらうこともないですし、本気で信用して来てくださる人に対しては全力で対応する。
計画的に通院できない人には、「それでは良くならず来てもらうことが無駄になるので、来ない方がいいですよ」と伝える時もあります。

1回しか施術をやっていないのに、終ってから「まだ、痛い」という人には、「1回では痛みは取れませんから」と言うときもあります。
それで「治らない」と言われたら、「そんなにすぐに痛みを取りたいのなら、痛み止めでも飲んでください」という時もあります。

ごまかしても、これを言うと悪く思われるだろうと思って遠慮してものを言わないのも、お互いの為にならないので、言いたいことは言わせてもらっています。

治るのに時間がかかりそうなら、時間がかかることも正直に言い、身体の改善や当院の提供するものと、違うものを要求されたら、そんなものはありませんと言う。

私は、当たり前のことを、当たり前のようにやって、変な誤解を与えずに、過度な期待を持たせずにリアルなことを言い、リアルな対応をする。治療家としての信念と気概を失わずに、人の役に立つことをするという気持ちでいます。

その一つに、「慢性的であればあるほどに、その場しのぎではなく、しっかり治すのに時間はかかります」と言うことがあるという話でした。

当院へのアクセス情報

住所〒115-0045 東京都北区赤羽1-42-14 メゾンコデラ101
予約完全予約制とさせていただいております。
※キャンセルは前日までにご連絡ください。
電話03-6903-8238
受付時間09:00-20:30 不定休