対症療法

こんにちは。

木村です。

今回は「対症療法」について簡単に書いてみます。

対症療法は、病気や症状に対して、その根本の原因を取り除かずに、

ただ、症状を抑えるだけの療法です。

ポピュラ-なのが、風邪薬です。

風邪をひくと、熱が出たり、鼻水が出たり、咳や痰が出たりします。

これらは、なぜ出るのかと言うと、熱が出るのは、体の中に入った、有害なウイルスや細菌を

殺すためです。鼻水が出るのは、有害な細菌やウイルスが体内に入るのを防ぐ役割があります。

痰は、身体にとっての異物や病原体を包み込んで体外に出やすくします。

咳は、体から排出したい異物(痰など)を体外に運び出す働きがあります。

さて、風邪をひいてこれらの症状が出たからと言って、薬で症状を抑え込んでしまうと、

細菌やウイルスなどの病原体から身体を守る働きを失ってしまうことになります。

解熱剤などは、風邪を治したのではなく、ただ熱を下げたに過ぎません。

そこのところが、大いに誤解、曲解されて薬で治すという考えを持っている人は少なくありません。

また、薬と言うものは基本的に身体に毒です。

痛み止めにも同じことが言えます。

痛み止めは、痛みをごまかすだけです。身体が治るわけではありません。

かえって、痛みの感覚がマヒするだけで、根本原因の進行に気が付かなくなり、痛み止めが効かなくなった時には、

身体の限界を越えた強烈な信号=激痛で悩まされることになります。

対症療法は、どうしても、症状を抑えないときつくて仕方がないときは必要なこともあるかもしれませんが、

基本的には、治すものではないので、注意が必要です。

薬に頼る身体になってしまうと、体本来の機能や働きが鈍くなり、薬に依存しなければならなくなります。

病院に行って、何気なく「とりあえず薬をだしときましたから」を当たり前に思っている人は要注意です。

将来、体がボロボロになる予備軍かもしれません。

これは、整体の世界でもそうです。

1回で痛みが治まりました=治ったと思っていると、身体の根本が良くなったわけではないのにその場しのぎの施術で

治ったと勘違いするようになります。そして、そのようなことを繰り返していくと、痛み止めでごまかすのと同じで、

知らない間に、身体の状態が悪化していき、いつかは痛い目に遭う日が来てしまいます。

症状が治まった=治ったは危険な考えです。

私は、どうも健康のことを簡単に考えている人が多いように感じます。

さんざん時間をかけて悪くしたものは、お手軽に「はい治りました」というわけにはいかないのです。

 

今回は、「対症療法」について、簡単に見解を書いてみました。

あなたは、あなたのその身体の問題を、その場しのぎでお手軽に対処しますか?

それとも、大切なその一つしかない身体を本当に大事にしたいですか?

 

それでは、皆さんのご健康をお祈りいたします。

 

 

当院へのアクセス情報

住所〒115-0045 東京都北区赤羽1-42-14 メゾンコデラ101
予約完全予約制とさせていただいております。
※キャンセルは前日までにご連絡ください。
電話03-6903-8238
受付時間09:00-20:30 不定休