呼吸は大事です。

赤羽太陽堂整体院の木村です。

さて、今回は「呼吸は大事です」というテ-マで書いていきます。

人体は体内のすみずみの細胞まで休みなく酸素を送り続けなければ生きていけません。

その働きをするのが、心臓と肺であり、肺には約7億の細胞があるとされています。

血管から細胞に取り入れられた酸素は、心臓のポンプ作用で体内に送られます。

心臓は生きている間拍動を続けますが、毎分70回として、1日約10万回、80年に換算すると、

約30億回も全身に血液を送り続けます。

そして、そのエネルギ-源は冠動脈から与えられる酸素だけなのです。

つまり、血液を効率よく送り出すのは心肺機能にとって死活問題なのです。

運動不足や偏食、ストレスなどから生じる血中酸素濃度の低下は細胞の働きを鈍らせ、

やがて、様々な病気や身体の不調の原因となります。心肺機能を効果的にリフレッシュするには、

濃度の高い酸素の供給を心がけることです。

そこで、大事なのは、呼吸です。

現代の多くの人が呼吸運動に弊害を抱えています。

生活習慣の悪化、姿勢の悪化、ストレスの増大などの悪習慣で呼吸が浅くなっています。

 

ここで、呼吸の基本的なやり方をご紹介いたします。

呼吸というと、吸うことに着目されがちですが、まずは吐くことが大事です。

コップに水が入っていないと、そのまま新鮮な水がコップ一杯に入ります。

しかし、コップに半分水が残っていると、新しく入る水の量は、コップの半分しか入りません。

なので、まずは息を吐ききることが大事です。

吐ききった分、新鮮な空気がいっぱい身体に入ります。

呼吸をする環境にもよりますが、息を吐ききれば吐ききるほどに身体に酸素が多く入ったことになります。

また、姿勢が良くないと呼吸運動に関わる、胸郭、横隔膜などの運動が十分にできないので、

正しい姿勢で、息が気道を通りやすいようにしてから呼吸をすることも大事です。

正しい整体法は、呼吸運動をスム-ズにさせる効用があります。

呼吸運動がスム-ズにできる身体になれば、血液の循環も良くなり、身体の回復力が高まります。

 

今回は、簡単に呼吸について書いてみました。ご参考までに。

 

当院へのアクセス情報

住所〒115-0045 東京都北区赤羽1-42-14 メゾンコデラ101
予約完全予約制とさせていただいております。
※キャンセルは前日までにご連絡ください。
電話03-6903-8238
受付時間09:00-20:30 不定休

電話お問い合わせ