呼吸と背骨の関係

こんにちは。

赤羽太陽堂整体院の木村です。

今回は、「背骨と呼吸の関係」について。

呼吸は健康を維持するうえでとても大事なものです。

しかし、現代人はストレスで呼吸が浅い状態になっています。

呼吸が浅いと自律神経が乱れ、常に緊張した状態になります。体内の循環も悪くなりむくみやすくもなります。心身も不調になりやすくなります。

呼吸に使われる、横隔膜、肋間筋、斜角筋、大胸筋などは主に肋骨に付着しています。また、横隔膜は背骨にも付着しているため、呼吸に合わせて肋骨も背骨も動いていることになります。つまり、呼吸をすることで背骨のエクササイズになっているのです。

逆に言えば、背骨や肋骨の動きの悪い状態では効率のいい呼吸はできません。

なので、胸周りが楽に動けることが大事になってきます。ここが自由に動けば自然と呼吸が深くなってきます。

人間は有酸素運動をしている時や、急に体を動かすときは呼吸を優先するようにできています。

そのために、普段から呼吸が浅いとちょっとしたことで呼吸が乱れ身体がついていかず、ケガをしやすかったりします。背骨のエクササイズでも呼吸に意識を向けることでより安全にできるようになります。

人の身体の活動では、背骨のコンディションと呼吸の質が大事になってきます。

今回は、「背骨と呼吸の関係」についてでした。

 

赤羽太陽堂整体院のHPはこちら

当院へのアクセス情報

住所〒115-0045 東京都北区赤羽1-42-14 メゾンコデラ101
予約完全予約制とさせていただいております。
※キャンセルは前日までにご連絡ください。
電話03-6903-8238
受付時間09:00-20:30 不定休