今まで身体のメンテナンスをしてきましたか?

こんばんは。
赤羽太陽堂整体院の木村です。

今回は「今まで身体のメンテナンスをしてきましたか?」について書いていきます。

人は生まれてから、今日まで、それぞれの生活環境で過ごし、ケガをしたり、病気になったり、食べ物の嗜好が違ったり、
運動が好きだったり、嫌いだったり、デスクワークメインで仕事をしたり、職人として独特の体勢をとりながら仕事したり、家事をしたり、子育てしたり、勉強したり、旅に出たり、・・・・・・・・・・・書ききれないぐらい、人それぞれの人生、生き方やその過程があります。

それは、必ず身体に負担をかけ続けていることを意味します。
今、調子が良かろうが、悪かろうが、どのような生活をしようが、身体に何かしらの負担はかかり続けています。

人によって、比較的若い時から健康に対する意識が高い人もいて、身体のメンテナンスをきちんとしている人もいます。
たまたま、若い時期に痛みに苦しむことになって、身体をメンテナンスするきっかけができる人もいます。

痛みが出ないからと、自分の健康を過信して、晩年になって急に痛みが出て苦しむ人もいます。
もっと歳をとってから初めて痛みが出て、治りにくくなって絶望する人、観念する人もいます。

人それぞれ、メンテナンスに接する時期が違います。
これは、もう運命としか言いようがないのかもしれません。

人によっては、身体のメンテナンスという概念がないまま、一生を終える人もいます。

別に、メンテナンスをしなくても死ぬまで生き続けることができます。

しかし、メンテナンスという概念が早ければ早いうちに気づくことができて、実際にメンテナンスっする習慣ができれば、
身体をできるだけ健康に保つことができるようになり、悪くなりにくくなり、メンテナンスしていない人よりは、はるかに快適な状態で人生を楽しむことができます。
メンテナンスの重要性を知って、メンテナンスに取り組む、取り組まないは、自分で決めることです。
メンテナンスにお金がかかるからと、自分の健康より、他のことを優先することも自分で決めることです。

大事なのは、自分にとって何が一番大事なのかを自覚して自発的に対処することです。

痛みが出る原因は必ずあります。
そして、それは今までの人生において、きちんとしたメンテナンスができていなかったことが大きな原因の一つであることは間違いありません。

身体をメンテナンスしないで使い続けると必ずいつかは壊れます。

酷い壊れ方をして、苦しみ嘆いても、それも、自分の責任です。痛みを他人に転嫁することはできません。

自分の身体は大事にした方がいいです。
痛みで苦しんでいる姿を見せることは、家族の人や親しい人たちに心配を与え、心の苦しみを与えることになります。

自分の為だけでなく、家族や親しい人たちの為にも、身体のメンテナンスという考えは持っておいた方がいいです。

今回は「今まで身体のメンテナンスをしてきましたか?」について書いていきました。

読んでいただいて、ありがとうございます。

当院へのアクセス情報

住所〒115-0045 東京都北区赤羽1-42-14 メゾンコデラ101
予約完全予約制とさせていただいております。
※キャンセルは前日までにご連絡ください。
電話03-6903-8238
受付時間09:00-20:30 不定休