今までの考え方を捨てる

こんにちは。

赤羽太陽堂整体院の木村です。

今回は、「今までの考え方を捨てる」について書いていきます。

これは、何にでも言えることかもしれませんが、何か新しいことにチャレンジするとき、何か新しいものを学ぶとき、
今までの習慣を改めて、自分を変えようとするときは、今までの考え方を捨ててかからないと、新しいものが入っていきません。

これは、治療を受けるときもそうだと思います。
今まで、ヘルニアだから腰が痛いと思い込んでいて、「それは脚の状態が悪いので腰痛が出るんですよ」と言っても、ヘルニアだから痛いんだという考えが捨てきれずに、「脚なんか関係ない。MRIを撮ってヘルニアと言われているし、手術も考えないといけないと言われているから、絶対に腰が悪いんだ」と頑なになって、新しい意見、原因が聞けないとなると、どんな治療をやっても効果は出ません。

本当に、こういう人多いです。
医者に言われて腰の手術をした、ブロック注射を打った、牽引もやった、マッサージも毎日受けた、全て、腰だけの部分だけの対応で、良くなっていないのに、ヘルニアだから悪いと思い込んでしまっている人多いです。

しかし、ケガや器質的疾患ではない限り、痛いところだけが悪いということはありません。
必ず他に原因があります。それも、複雑なものでなく、シンプルで簡単な理屈の原因であることの方が多いです。
原因が複雑と思っている場合は、変に医者やセラピストに、無駄に理屈っぽい説明を聞かされ続けたか、患者さん自身が複雑に考えるクセがあるかのどちらかだと思います。

当院で、施術をする場合は、原因をできるだけシンプルに考えて、その原因に対してアプローチを繰り返して、改善の経過を見ていくというものです。「腰椎の〇番が~どうたらこうたら・・・」そんなものは関係ないと考えています。

当院の施術の原則として、筋肉、関節のアプローチをして、血流を良くして、筋肉等、身体の回復を助けて良くなっていただく、言葉にすればこれだけです。整体師のやることなんかこれで十分です。

ただし、人の身体は人それぞれの状態がありますので、回復には個人差があります。

それらを考えながら、この人はどのようにアプローチしていったら最善かということを頭において対応しています。

私が思うのは、身体を変えていくときは、今までの考え方をいったん捨てていかないと理解できないことがあるということです。
治療に限らず、何かを変えようとするときは、うまくいかなかった今までの考え方は何の価値もないので、いったん脇に置いておくということをしないといけません。

そして、新たな試みをやって、駄目だと思ったら軌道修正です。
何かしらの収穫があったらラッキーです。気を付けるべきは、何でも妄信してはいけません。
常に妄信せず、適度な距離感を保って冷静に判断することも必要です。

間違いなく言えることは、自分の考えだけに凝り固まっている、何かを妄信している状態では良い判断はできませんし、
良いように自分を変えていくことは至難の業ですよ、ということです。

そして、時には、勇気のあるチャレンジも必要です。そして、凝り固まった考え、妄信とは違った、人に左右されない気持ちも必要です。

「今までの考え方を捨てる」というテーマで書いていきました。
読んでいただいてありがとうございます。

当院へのアクセス情報

住所〒115-0045 東京都北区赤羽1-42-14 メゾンコデラ101
予約完全予約制とさせていただいております。
※キャンセルは前日までにご連絡ください。
電話03-6903-8238
受付時間09:00-20:30 不定休