なぜ、良くならない治療法が蔓延っているの?

こんにちは。

赤羽太陽堂整体院の木村です。

今回は、「なぜ、良くならない治療法が蔓延っているのか?」について書いていきます。

私は疑問に思います。

なぜ、整形外科では、痛み止めしか出さないのか?

なぜ、良くならない手術をするのか?

なぜ、電気治療をやるのか?

なぜ、意味のないマッサージをするのか?

なぜ、良くなることがなく、逆に悪化させる、牽引が行われているのか?

なぜ、画像診断ばかりで判断するのか?

なぜ、「ヘルニアだから痛いんですよ」になるのか?

なぜ、「狭窄症だから痛いんですよ」になるのか?

なぜ、「骨が変形しているから痛い」になるのか?

なぜ、「軟骨がすり減っているから痛い」になるのか?

なぜ、「骨と骨の間が狭くなってきて痛い」になるのか?

なぜ、「痛いのは歳のせい」になるのか?

まだいろいろありますが、こんな嘘の治療や考え方が蔓延っていることに懸念を持っています。

なぜ、医者は嘘ばかりつくのか?

なぜ、こんなに治りもしない方法ばかりがとられているのか?

権威性のあろ医者がこんな調子なので、間違った対処の選択をして、良くなる機会を失っている人が大量に出てきます。

私は聞きたい。

「痛み止めを飲み続けて、それで治るんですか?」

「計画的にブロック注射を打って、治るんですか?それは、本当に患者さんを治すためにやっているんですか?」

「痛みの原因は、骨などが神経を圧迫しているからですか?本当にそれが原因なんですか?」

「その手術、本当に必要ですか?手術して治るんですか?再発しないんですか?結局、再発して一時しのぎにしかならないのではないですか?」

「本気で、軟骨がすり減って痛みが出ているとでも思っているのですか?」

 

こんな、痛い部分しか診ない、触らない、いじらない、そして、薬でしのぐだけの方法ばかりで良くなるわけがありません。

筋肉の評価、靭帯の評価、全身のバランスの評価、血流の評価、精神的ストレスの評価、患者さんの性格、生活習慣など。

もっと言えば、きちんと患者さんの顔を見て話しができているのか?

もっと、診るべきところはありますが、肝心のところが殆ど抜け落ちた状態で、良く治ると言えたものですね?と思います。

何を信じるかは、人それぞれで自由ですが、真実のことは知っておいた方が良いです。

もし、上記のような治療法で良くならず苦しんでいる方は、まずは、そのような方法をとることを止めるところから始めてください。

 

今回は、「なぜ、良くならない治療法が蔓延っているの?」について書いていきました。

読んでいただきありがとうございます。

 

赤羽太陽堂整体院

 

当院へのアクセス情報

住所〒115-0045 東京都北区赤羽1-42-14 メゾンコデラ101
予約完全予約制とさせていただいております。
※キャンセルは前日までにご連絡ください。
電話03-6903-8238
受付時間09:00-20:30 不定休

電話お問い合わせ